2006年02月13日

ウェブサイト 「夜空の宝石」さま

この記事カテゴリーでは 

学研「大人の科学」付録のピンホール式プラネタリウム「マイスター」
の改造をしているウェブサイトをご紹介したいと思います!

今回クローズアップさせていただくのは

ウェブサイト  「夜空の宝石」 です!

こちらのサイトでは二つの試作機を発表されています
一号機でもかなりのものなのですが

なんと二号機では恒星原板を200%に拡大し1つ1つの恒星について光度を調べ,その光度に応じた直径の穴を開けたそうです!



マイスター改造というよりオリジナルといってもいいですよね!(^^)!

ぜひとも投影した画像をみてみたいです!!











posted by しし座のケンさん at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ マイスター様のご紹介! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
件のプラネタリウムの作者です.
最近,ホームページを移転しまして(「夜空の宝石」も
http://universe.art.coocan.jp/deepsky/deepsky.html
に移転しました.プラネのページは移転作業がまだですが,近々実写画像とともに新ホームページにアップする予定です)検索サイトのヒット状況を調べているうちにここにたどりつきました.
マイスターもなかなかのものだったのですが,星像,とくに一等星が巨大なのが気に入らなくて,全部作ってしまいました.天体望遠鏡を運んで学校や体験学習施設を巡回し,天体観望会を開くのが仕事なのですが,このプラネタリウムは曇りや雨の日のネタとして大好評を頂いております.

ところで,その「2号機」の動力に使っている「シンクロナス・モーター」ですが,安価(1000〜2000円程度)な上静粛,もともと低速なので工作が簡単という優れものです.マイスター改造をお考えの方,是非お試しください.秋葉原等では簡単に見付かりますが,大きなホームセンター等でも扱っているところがあるようです.
Posted by Y-Nakagawa at 2006年02月19日 10:14
管理人様,お久しぶりでございます.
「Universe : アート空間(夜空の宝石)」のY-Nakagawa です.
2機の試作機を経て,遂に"非"試作1号機が誕生しました.今回は投影恒星数6万5000個,また一つ一つの穴を手作業で開けました!
紹介ページ
http://universe.art.coocan.jp/Plane/PPLS-1.html
をアップしましたので,お暇な時にでもご笑覧ください.
なお,この自作プラネタリウム1号機は8月30日から9月3日にパシフィコ横浜で開催される"ワールドコン(Nippon2007 第46回日本SF大会、第65回世界SF大会)"中の「SFドラマシアター」で「孤独の惑星」という芝居の演出として投影する計画になっております.よろしければ是非どうぞ(入場券が6000円もするのですが...)
Posted by Y-Nakagawa at 2007年07月25日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

home

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。